HOME
Quality Service2
建設業許可千葉県知事許可(般-24)第48410号 建築塗装・防水工事 0120-69-4118 日曜祭日も営業しております

 ■外壁・屋根の塗替え(建築塗装工事)             

中間マージン無しの直接施工だから出来る
<高品質・安心価格の塗装工事>
☆営業専任の社員がおりませんので営業経費が最小限です
☆住宅総合リフォーム業者ですので豊富な経験と知識があります
外壁・屋根塗装工事の価格例

 築10年程度
 建坪、約30坪 
 外壁、モルタルリシン吹き 
 屋根、化粧スレート
 屋根勾配、5寸(5.0/10)
 
左の写真のような住宅の場合

外壁・屋根・付帯部すべてシリコン樹脂塗料を使用


【外壁・屋根面積】
・外壁・約130u
・屋根・約70u
・足場・約210u
【塗装仕様】
・外壁  水性シリコン(下塗、中塗、上塗)3工程
・屋根  溶剤シリコン(下塗、中塗、上塗)3工程
・付帯部(雨戸、雨樋等)溶剤シリコン

上記条件及び塗装仕様概算で
【外壁塗装65万円】+【屋根塗装15万円】=合計80万円
(税別)です
※足場、高圧洗浄、養生費用等含みます
≫詳しくはこちらをご覧ください・塗装工事の価格例

※サイディングの外壁の場合は目地の劣化状況により目地打ち替え等の費用が別途必要になります
 ≫窯業系サイディングのメンテナンス




≫塗装工事施工例はこちらをご覧下さい




足場のある時に他のリフォーム工事も一緒に施工可能です
   
弊社は、お住まいのリフォーム工事全般に対応できます。大工等の常用の職人がおりますので塗装工事の足場のある時に他の工事も一緒に施工可能です。
(雨樋の交換や軒裏の修理、破風板等の修理、板金工事、屋根工事等)
※必要な工事を一緒にやれば費用も安く済みます

      

見積依頼・ご相談
外壁塗装のご相談・見積は無料です


≫サイトマップ  ≫会社案内

≫アパートマンション等の塗装・防水工事はこちらをご覧ください 



<弊社では下記のような無駄な中間マージンが掛かりません>

塗装工事の中間マージン
※営業専任の社員がおりませんので営業経費も最小限です

住宅メーカー等に工事を頼んでも最終的に塗装をするのは職人さんです
お客様から"ありがとう"のお言葉を頂けるように、誠実な施工を心がけております


現場の写真公開中↓写真をクリックして下さい

ブログで施工現場の写真を公開しています是非ご覧ください







☆塗装工事の重要ポイントは塗装面の下地処理と塗料の選択です☆ 
<下記のようなポイントをしっかりとおさえる事が重要です>

■仕上がりの良い塗装のポイント
@塗装面の下地をきれいにすること(汚れや錆、弱った旧塗膜の除去)
A下地の種類や状態に適した下塗り材、上塗材をを選択する
B塗装しない部分をしっかりマスキングして塗装の際がきれいであること
Cコーナー部や端部などの塗りにくい個所を刷毛で先に塗る
D塗料は一度に厚く塗らないようにする(厚く塗ると泡が発生したりダレたりする)

<塗装は化粧と同様に下地が大切です>

※下地の状態により通常は1工程の下塗りが2〜4工程必要になる場合もあります




☆塗装工事に適した季節はいつですか?というご質問がよくあります 
<塗装に良好な条件は気温10℃〜30℃湿度80%以下ですので関東の平野部では通年可能です>
塗装可能条件
<塗装可能良好な条件は気温5℃〜40℃湿度85%以下です>





【塗装業者選びの重要ポイント】

詳細な見積】 【豊富な知識】 【施工技術】 【施工実績】
塗装業者選びに失敗しない為には見積内容をしっかりと確認することが大切です。
使用する塗料はどのような塗料か、施工仕様はどうなっているのかをしっかり確認してください、疑問点があったら納得のいくまで説明を求めてください、塗料の選択とと施工仕様は重要なポイイントですので必ず確認してください。実際の施工現場を見る事も良い判断材料となります

【塗装工事を成功させるポイント】

施主様と施工者との信頼関係が重要なポイントです。
施主様と施工者とのお互いの信頼関係がしっかり出来ていればお互いに良い気持で工事ができます。
不安な事や疑問があるまま契約をして工事をすると、施工中ずっと不安な気持ちで工事を見る事になり、疑いの目で職人の仕事を見るようになってしまいます。
塗装工事の契約をするまでに、不安な事や疑問点を施工者にしっかりと伝えて納得出来るまで質問をして下さい、信頼関係を築いてから契約することが大切です。


【悪質な訪問販売による塗装工事にご用心ください】

 営業マンのこのようなセールストークにご注意ください

【危機感をあおる営業】
今すぐ塗装しないと雨漏りするとか手遅れになるとか
屋根瓦が歪んでいるなどのセールストークでお客を不安にさせて
工事の契約を取ろうとする業者は要注意です

【契約を急ぐ営業】
キャンペーン、限定○棟、とか今契約すれば
特別に格安な値段で工事します、
などと言ってやたらと契約を急ぐ業者は要注意です

【見積の工事内容の入念なチェックが大切です】
複数の業者から見積をとる事に抵抗を感じる方も
いらっしゃいますが、遠慮はご無用です!
業者選びで失敗しない為に慎重に検討し安易に妥協したり
価格の安さだけで判断したりしないようにご注意ください。
















悪質な訪問販売によるリフォーム工事にご用心<国民生活センター>
≫国民生活センター

訪問販売等のトラブルは<消費者庁>特定商取引法(旧称訪問販売法)
≫特定商取引ガイド



↑上へ戻る




≫外壁塗装工事価格  ≫外壁塗装施工例  ≫会社案内

TOTOリモデルクラブ店

見積依頼・ご相談
塗装工事のご相談お見積は無料です

0120-69-4118
日曜祭日も営業しております
営業時間9:00〜18:00

株式会社クオリティサービス 千葉県柏市加賀3-19-3
施工エリア ▼クリックすると拡大します



≫サイトマップ


☆このような症状が見られたら早めの塗装が必要です☆

早めの塗り替えが大切なわが家を長持ちさせる秘訣です


塗料が劣化する仕組み

【劣化現象の原因
塗装面を手で触ると手に粉化物が着く
チョーキング現象
【チョーキング現象について】
チョーキング 塗膜は樹脂や顔料等により構成されており、塗膜の耐候性(耐用年数)を決定しているのは基本的に樹脂の性能となります。
チョーキング現象は、主に紫外線の影響により樹脂が破壊され、顔料を繋ぎとめる力を失うことで、塗膜表面に顔料や劣化樹脂などの粉化物を析出する現象です。
チョーキングは塗膜のごく表面で起きる現象で、美観を低下させます。塗替えの際にはチョーキング部分を高圧洗浄等で落としてから再塗装します。
★塗膜表面のチョーキング発生のメカニズム
@塗膜の劣化が無い状態 A紫外線や雨などによって樹脂の劣化が始まる

チョーキング現象が発生するまでの期間
樹脂名 発現年数(目安)
アクリル樹脂塗料 約2〜3年
ウレタン樹脂塗料 約3〜6年
シリコン樹脂塗料 約6〜8年
フッ素樹脂塗料 約8〜12年
※上記の発現年数はあくまで目安です、
施工環境、施工方法、立地等により異なります
顔料の種類によって耐久性も異なります。
B樹脂の劣化でチョーキング現象が発生した状態 ※塗料の成分についてはNITEのサイトに
分かりやすい説明がありますのでご覧ください
 外壁のひび割れ モルタル外壁のひび割れの原因
ひび割れの原因の多くは下記の二つです
 
@躯体の動きにより起きるひび割れ
建物の揺れ・地震・風・自動車の通行等)

A季節による異なる温度・乾湿によるモルタルの
乾燥収縮によるひび割れ
(多孔質な材料は水分蒸発によって 乾燥収縮が発生する)
外壁のカビ・藻の発生 カビ・藻の発生原因
@周囲の環境によるもの
(森や林がある、日当たりが悪い、植栽が多い)
A外壁が水を含みやすい仕上げになっている
(リシン吹き、スタッコ仕上げ等)
B塗膜が劣化している
C建物の構造
(軒の出幅が少なく雨が直接あたる等)

外壁のサイディングボードのシーリングの破断 シーリングの破断の原因
目地の破断 @建物の動きによるもの
Aサイディングボードの反り、収縮によるもの
Bシーリング工事の施工不良によるもの
C使われているシーリング材そのものに問題がある
などがあります。

★外壁内部に雨水が浸入してしまいます
■窯業サイディングについてはこちらをご覧ください
化粧スレート屋根の苔・藻の発生 苔・藻の発生原因
@周囲の環境によるもの
(森や林がある、植栽が多い)

A塗膜の劣化による含水
※化粧スレートはセメントを主原料とし繊維を加え加圧成形された窯業系の屋根材です
■セメントを主原料とし繊維を加え加圧成形された窯業系の屋根材の 化粧スレートは水、湿気を吸うと伸びる乾くと縮むという湿乾伸縮を繰り返すことにより、反ったり、割れたりします。

☆上記のような症状が見られたら早めの塗装が必要です☆


Before Afte  ≫外壁塗装工事の施工例   ≫外壁塗装工事の価格例   ≫サイトマップ

≫防水工事はこちらをご覧ください  ≫窯業サイディングのメンテナンスはこちらをご覧ください。

見積依頼・ご相談
外壁塗装工事のご相談・見積は無料です

電話でのお問い合わせはこちらです
0120-69-4118
日曜祭日も営業しております
千葉県柏市加賀3-19-3 

≫会社案内

↑上へ戻る

≪外壁・屋根塗装工事の作業工程≫

塗装工事はこのように進行します
工事期間は一週間から10日位です(建物の大きさや形状、傷み具合、天候等によって大きく変わります)
※塗装工事着工前に近隣の方へのご挨拶を当社でいたします。

外壁塗装・屋根塗装
塗装工程


【塗装工程のご説明】
下地補修/調整 既存の塗膜に付着している汚れやごみを取り除いたり、ふくれや剥離などの不具合のある塗膜を除去するなどして新たに塗装できる下地に整える工程です。鉄部などの錆除去やサイディングの目地の補修もふくまれます。塗装の仕上がりや塗膜の耐久性にも影響する工程です。 
外壁塗装
下塗
既存の塗膜と塗替え塗膜をつなぐ最初の工程です。仕様する下塗り塗料は、一般外壁では「シーラー」とよばれ、鉄部などでは「錆止め塗料」と呼ばれています。このほかに、外壁などでは、既存塗膜の微細なひび割れや凸凹をうめて補修することができる「フィーラー」とよばれる下塗り材も使用します。
外壁塗装
中塗・上塗
通常は上塗材を2回塗重ねます、中塗専用の材料がある塗材もあります。現在一般的に使用されている外壁用の塗材は主原料により4つの種類が使われています。@アクリル塗料:耐用年数5〜7年(新築物件に使われることが多く、塗替えに使われることは少ない)Aウレタン塗料:耐用年数7〜10年(塗替えによく使われている)Bアクリルシリコン塗料:耐用年数10〜15年(塗替えによく使われている。当社の塗装の8割がシリコン塗料です)Cフッ素塗料:耐用年数15〜20年(材料が高価な為一般住宅の塗替えにはあまり使われていない)

※上記以外の塗材では無機塗料の塗装が増加しています。
屋根塗装 屋根材の劣化状態に応じた適切な下地処理を行い、下塗り塗料を塗装します。上塗には紫外線や熱に強い屋根専用の塗料を使用します。最近は太陽熱(赤外線)を反射して屋根の温度上昇を抑える遮熱塗料の塗装が増加しています。

当社お勧め塗料
ニッペ パーフェクトトップ

 日本ペイント 1液水性ラジカル制御形ハイブリッド塗料です 
新技術によってシリコン樹脂塗料より高い耐候性があります



■カタログをご覧下さい




☆塗料別性能比較表☆
外壁用塗料 ウレタン シリコン ラジカル制御
フッ素
水性 溶剤 水性 溶剤 水性 溶剤 水性 溶剤
防カビ・防藻    
防汚性能

 
遮熱効果 × ×
大気浄化 × × × ×  × × × ×
耐候性能 6〜8年 6〜8年 12〜15年 12〜15年 15年 15年 20年 20年
☆塗装工事で決め手になるのは塗材の選択と施工仕様です

塗装 比較




≪屋根の塗装には遮熱塗料がオススメです≫
 赤外線高反射塗料

屋根用遮熱塗料(赤外線高反射塗料) 化粧スレート、鋼板の屋根の塗装にお勧めです

☆夏場の2階の部屋の暑さが違う!と塗装したお客様に喜んでいただいております。
遮熱、赤外線反射 塗装
屋根の塗装は遮熱塗料がおすすめです

太陽光線の50%を占める
赤外線を効果的に反射させ、熱伝導、対流を最小限にし、屋根の温度上昇を抑え 室内温度を低く保つ塗材です。
遮熱、データー 塗装
カタログをご覧ください

日本ペイントサーモアイシリーズ

エスケー化研クールタイト




≪デザイン性の高い窯業サイディングの外壁にオススメです≫
 ピュアライドUVプロテクトクリヤー

☆デザイン性の高いサイディングを塗りつぶしたくないというお客様に喜んでいただいております

 日本ペイント サイディングボード用クリヤー ※築後5年〜8年での塗装をお勧めします
窯業サイディングの高意匠性をいかした塗装が可能です 紫外線による色あせ等の劣化が進行している場合はお勧めできません
クリヤー、塗装 クリヤー塗料、塗装
■サイディング用クリヤー塗料のカタログをご覧下さい(PDF)


≫サイディングボードのメンテナンスはこちら
≪戸建住宅の名称≫
塗装工事の見積書良く使われる名称です
塗装工事 建物名称


見積依頼・ご相談
ご相談・お見積は無料ですのでお気軽に

電話の方はフリーダイヤル
0120-69-4118
日曜祭日も営業しております

株式会社クオリティサービス 〒277-0051千葉県柏市加賀3-19-3


≫工事価格例    ≫施工例  ≫会社案内 ≫サイトマップ

↑上へ戻る
施工エリア:千葉県西部・茨城県南部・埼玉県東部・東京東部
施工エリア ▼クリックすると拡大します




塗装工事(外壁塗装・屋根塗装・室内塗装)はクオリティサービスにご相談ください

建築検索エンジン ケンサン - 建築・設計・設備